交通事故被害の示談交渉は弁護士へ

交通事故の被害の示談交渉する際のポイントについてご説明します
未分類

いつ示談交渉する?

By on 2018年7月8日

怪我

保険会社とは、いずれは示談交渉を行うことになると思います。この時点で双方が和解をしましょうという意味で行われるものですが、これはいつのタイミングで行えば良いか分からない人は実は多かったりします。この示談交渉は、ケガが治って症状が安定してから始めるようにしたいところです。やはり治療中の負担が大きいという点もありますし、治療が終わらなければ交通事故によって発生した被害が明確にならないという点があるのです。

そして、示談交渉においては、実際に治療にかかったお金もそうですし、仕事を休んでいて本来得られるはずだったお金の請求もあります。もしも後遺症が残ったとしたら、それによって将来的に得られるはずの資金も請求することになります。また、精神的苦痛に対しての慰謝料への補償金の請求もあるのです。こうした補償の金額に関しては、保険会社はなるべく金額が小さくなるように話をしてくるわけです。慰謝料の算定の基準というのは、自賠責基準をはじめとして、裁判所基準が最も大きくなるのですが、弁護士が介入することによって、高いレベルでの慰謝料請求が可能になるのです。その額を正確に知るためにも、示談交渉は怪我がしっかりと治ってからということになるのです。

未分類

弁護士に相談するメリット

By on 2018年7月4日

弁護士が保険会社の交渉に臨むことによって得られる最大のメリットと言えば、やはり金銭的な部分です。被害者が交渉で不利にならないようにすることが出来ること、加害者側に請求できる示談金が大幅にアップすることにあります。弁護士が交渉した場合には、実際に元々100万円程度だったものが、1000万円くらいに膨れ上がったという例もあるくらいなのです。

弁護士弁護士は、面倒な手続きを代行してくれるというところ、保険会社とのやり取りが分からない場合にはアドバイスをしてくれるといったような点もあるのですが、事故についてきちんとやり取りをしてくれて、本来貰えるべき金額に限りなく近づけてくれるという点においてはとても素晴らしい交渉を行ってくれるものなのです。そもそも、保険会社というのは、事故が起こったときに一人ひとりに支払う金額を少しでも減らしたいものなのです。そうしなければ、会社にとって利益にならないですし、事故のたびにたくさんのお金が出ていくことを防ぐことも仕事の一つなのです。

保険会社は,認定された等級に基づく賠償金を,各保険会社が定めている自社の支払基準にしたがった低い金額で提示してくることが一般的です。しかし,弁護士は,裁判所が認めている高い支払基準に基づいて示談交渉を行いますので,賠償金の増額が期待できます。

ですから、事故に遭った人に対しては、最低の保障しかしてくれないと思っておいて構いません。そうしたときに力になってくれるのが弁護士であると覚えておくと良いでしょう。続いては、示談交渉をするタイミングについて説明します。

未分類

交通事故被害の示談交渉

By on 2018年7月1日

交通事故交通事故の被害に遭遇した場合、加害者との交渉は示談という形で行われることになります。この示談交渉については、法律が関係してくることに加えて、受け取れる補償額についても示談交渉ひとつで額が変わってしまいます。

自動車保険に入っているから問題ないと思っていても、実は過失割合100%といった事故の場合は、自分が加入している自動車保険会社に介入してもらうことが出来ません。ですから、弁護士にでもお願いしない限りは示談交渉は自分で行わなければなりません。もしも、交通事故に遭ったとして、保険会社との交渉をするのならば、弁護士を立てる方が絶対に有利になります。この時の最も大きなメリットは、被害者が交渉で不利にならないようになること、それから、加害者側に請求可能な示談金が大幅にアップするという点です。

弁護士が入ることによって、金額が変わることがメリットではあるのですが、この保険会社との示談交渉を行うのはいつが良いのかということです。これは怪我が治って症状が安定してからスタートするというのが良いでしょう。治療中の示談というのは負担が大きいです。また、治療が終わらなければ、最終的に心身に生じた被害というものが分からないです。休業中に仕事が出来なかった分の請求、後遺症のせいで将来得られていたはずの失った資金、精神的苦痛による補償金などの請求があるのです。こうしたものを明確にして請求するためには、弁護士を介入して治療後から行うのが良いということなのです。