交通事故被害の示談交渉は弁護士へ

交通事故の被害の示談交渉する際のポイントについてご説明します
未分類

弁護士に相談するメリット

2018年7月4日

弁護士が保険会社の交渉に臨むことによって得られる最大のメリットと言えば、やはり金銭的な部分です。被害者が交渉で不利にならないようにすることが出来ること、加害者側に請求できる示談金が大幅にアップすることにあります。弁護士が交渉した場合には、実際に元々100万円程度だったものが、1000万円くらいに膨れ上がったという例もあるくらいなのです。

弁護士弁護士は、面倒な手続きを代行してくれるというところ、保険会社とのやり取りが分からない場合にはアドバイスをしてくれるといったような点もあるのですが、事故についてきちんとやり取りをしてくれて、本来貰えるべき金額に限りなく近づけてくれるという点においてはとても素晴らしい交渉を行ってくれるものなのです。そもそも、保険会社というのは、事故が起こったときに一人ひとりに支払う金額を少しでも減らしたいものなのです。そうしなければ、会社にとって利益にならないですし、事故のたびにたくさんのお金が出ていくことを防ぐことも仕事の一つなのです。

保険会社は,認定された等級に基づく賠償金を,各保険会社が定めている自社の支払基準にしたがった低い金額で提示してくることが一般的です。しかし,弁護士は,裁判所が認めている高い支払基準に基づいて示談交渉を行いますので,賠償金の増額が期待できます。

ですから、事故に遭った人に対しては、最低の保障しかしてくれないと思っておいて構いません。そうしたときに力になってくれるのが弁護士であると覚えておくと良いでしょう。続いては、示談交渉をするタイミングについて説明します。