交通事故被害の示談交渉は弁護士へ

交通事故の被害の示談交渉する際のポイントについてご説明します
未分類

いつ示談交渉する?

2018年7月8日

怪我

保険会社とは、いずれは示談交渉を行うことになると思います。この時点で双方が和解をしましょうという意味で行われるものですが、これはいつのタイミングで行えば良いか分からない人は実は多かったりします。この示談交渉は、ケガが治って症状が安定してから始めるようにしたいところです。やはり治療中の負担が大きいという点もありますし、治療が終わらなければ交通事故によって発生した被害が明確にならないという点があるのです。

そして、示談交渉においては、実際に治療にかかったお金もそうですし、仕事を休んでいて本来得られるはずだったお金の請求もあります。もしも後遺症が残ったとしたら、それによって将来的に得られるはずの資金も請求することになります。また、精神的苦痛に対しての慰謝料への補償金の請求もあるのです。こうした補償の金額に関しては、保険会社はなるべく金額が小さくなるように話をしてくるわけです。慰謝料の算定の基準というのは、自賠責基準をはじめとして、裁判所基準が最も大きくなるのですが、弁護士が介入することによって、高いレベルでの慰謝料請求が可能になるのです。その額を正確に知るためにも、示談交渉は怪我がしっかりと治ってからということになるのです。